乳癌

乳癌は日本の女性に最も多く見られる癌であり、毎年約72,000例が新たに診断されています。乳癌は複雑な疾患で、複数の異なるタイプが存在します。多くの場合、非浸潤癌と浸潤癌に分けられます。

非浸潤性乳癌

最も一般的な非浸潤性癌のタイプは早期型の非浸潤性乳管癌(DCIS)であり、これはステージ0の乳癌と呼ばれることがあります。浸潤性乳癌と違って、DCISの腫瘍細胞は乳房内の乳管の中に留まっています。

浸潤性乳癌

浸潤性乳管癌は、癌細胞の存在範囲がもはや乳房内の乳管に限定されていない状態を言います。癌細胞は乳管外の周辺乳房組織に広がっていて、体内の別の領域にも広がる可能性があります。

予後を診断して治療方針の決定の指針とするために、乳癌は一般にステージ(病期)分類を使って評価されます。浸潤性乳癌にはステージIからIVまであり、予後はステージIが最良で、ステージが進むにつれ悪化します。乳癌のステージ分類は、女性の乳癌の3つの主要な特徴を考慮しています:

  • 腫瘍径(しこりの大きさ)
  • リンパ節転移状態
  • 転移状態(腫瘍が乳腺以外の他の部分に広がっているかどうか)