会社概要

東京に本社を置くジェノミック・ヘルス・ジャパンは、ゲノムをベースにした臨床検査サービスの研究、開発および商品化を通じて癌の治療方針における意思決定の質向上にコミットする世界的ヘルスケアカンパニー、ジェノミック・ヘルスグループの一員です。

その使命のために私たちは、特定の治療に対する反応や再発の可能性について個別化された情報を提供する、臨床的検証を経た分子診断検査を開発するためのゲノム研究を行っています。このような診断技術は、医療者と患者の皆様の治療方針の意思決定に際して有用な情報を生み出します。

私たちの主力製品であるOncotype DX®乳癌検査は、浸潤性乳癌において化学療法がどの程度奏効しそうか、また、疾患がどの程度再発する可能性があるかを予測することが示されています。

ジェノミック・ヘルス社は米国カリフォルニア州レッドウッドシティで2000年に設立されました。2004年には米国においてOncotype DX乳癌検査が行えるようになりました。日本では2007年からご使用可能となっています。ジェノミック・ヘルスについてもっと詳しく知るには、私たちのグローバルサイトをご覧下さい。