癌へのゲノミクスの応用

癌の治療と予後を向上させるためのゲノミクスを臨床応用する鍵は、各種の癌に影響する遺伝子セットおよび遺伝子相互作用の特定にあります。ジェノミック・ヘルスは数々の研究を実施し、癌治療薬への反応や、その癌が再発または転移する可能性と関連する腫瘍内の遺伝子発現パターンを理解しようと努めています。これらのゲノミクス研究の成果を利用することにより、(乳癌に対する)タモキシフェンなどの内分泌治療薬または化学療法の奏効しやすさや、癌の再発リスクの特定に役立つ、個々の腫瘍のゲノムプロファイルを提供する、臨床的に検証された検査を開発することが可能になります。

もっと知る: